宇治ライオンズクラブ

会長方針

2021年~2022年度

会長あいさつ

51代会長 北村 寿宏

      

 

この度は、昨年度に引き続き宇治ライオンズクラブ第58代会長に就任させて頂くことになりました。

 昨年は新型コロナウイルスの世界的大流行により、都市封鎖等による経済の低迷、国内が一時戦後最悪のマイナス成長になるといった大恐慌を引き起こしました。私たちの身近においても、集団感染や患者の増加による緊急事態宣言の発令により、生命の危機を感じたのはもちろんのこと、自社業に深刻なダメージを受けた方も多いと思います。そして「新しい生活様式」という言葉が生まれたように、今までの日常生活が著しく大きく変化した一年でございました。現在もなお感染者は増加傾向にあり、緊急事態宣言中であり、未だ先が見えない不安な日々を過ごしています。

 しかしながら、我々はこの困難な時を共存しながら乗り越え、来るべき未来に向けて歩みを進めなければなりません。困難な時だからこそ、仲間を信じ、知恵を振り絞り、皆で団結して、未来に向かっていくことが大切だと考えます。

 ライオンズクラブは異業種間の交流の場であり、そこには様々な人の思い、習慣、個性、癖などが絡みますが、「話」を通じて互いのコミュニケーションを大切にしながら、それらを乗り越えて会員同士との繋がりを促進して一つの「輪」を形成し、そのエネルギーを奉仕に活かし、「和」の精神をもって奉仕活動に発展させて行きたいと思っています。

 皆が知恵を出し合い、一致団結してこの困難な時を乗り越えることができれば、来るべき未来への礎を築くことができ、明るい光が見えてくるのではないでしょうか。今こそ皆で一丸となって乗り切り、助け合いながら1年間共に頑張っていきましょう。会員皆々様のご協力・ご支援を伏してお願い申し上げます。        北村 壽宏

        

 

                

 

 

                             

 

会長スローガン

 

「話っ、輪っ、和っ!」

運営方針

運営方針

 

1、新会員の獲得も重要であるが、現在の会員の退会防止に努める。

2、例会の出席率の向上、各事業などの積極的出席に努める。

3、会員同士の親睦が得られるような楽しさを増やしていく。

 

 

事業方針

事業方針

  

1、毎年実施されている各事業を継続する。

2、各事業、またクラブPRのために必要な資金獲得のアクティビティ

  などの事業を検討していきたいと考えております。

①献血事業

②青少年健全育成事業

  ・レオクラブへの指導育成

  ・YCE事業

  ・学童野球大会

  ・国際平和ポスター

  ・一般財団法人青少年育英会の協力