宇治ライオンズクラブ

会長方針

2018年~2019年度

会長あいさつ

 

 

宇治ライオンズクラブ第55代会長に就任させて頂くことになりました。

今日、世界の経済や政治の混沌、国力の変化、多発する自然災害など何が起こるか全く予想できない中で私達は未来に不安を抱きながら日々過ごしていま す。 アベノミクスの効果からか上場企業の4社に1社が過去最高益を更新するなど明るい兆候もあります。

しかし我が宇治ライオンズクラブは正会員の減少に伴う毎年の予算削減を余儀なくされ、現会員メンバーにはクラブの活動において多大な負担を強いており大変厳しい状況下にあります。そのため会員の増強が急務であることは言うまでもありません。

 宇治ライオンズクラブの「We Serve」は事業の中でも特に、青少年健全育成と献血推進に力を入れて実施しております。 

よき伝統を継承しつつ更に高い所をめざして奉仕活動に取り組み、メンバーひとりひとりのライオニズムの高揚およびクラブ活動に対するモチベーションを高め宇治ライオンズクラブの活動に参加して頂く事がクラブにとってもメンバーにとっても発展につながると確信しております。

皆様の御指導・御鞭撻そして御協力を心よりお願い申し上げ、会長所信とさせていただきます。 

                                             安井 和彦

 

 

                             

会長スローガン

「団結して奉仕」 

運営方針

運営方針  

楽しい時間を共有できる環境づくり 

1、例会出席率の向上

2、楽しいアクティビティ

3、会員増強と退会防止、特に正会員の増強

4、経費節減

 

事業方針

事業方針

継続事業をメンバー全員で取り組む

1、献血事業

2、青少年健全育成事業

  ・レオクラブへの指導育成

  ・YCE事業

  ・学童軟式野球大会

  ・国際平和ポスター

  ・一般財団法人宇治青少年育英会の協力